永野シン句集『桜蕊』

 俳句結社小熊座同人の永野シンさんの第二句集です。句集の表題「桜蕊」を鮮かに印象づけるとても美しいピンク色の表紙に包まれたA5判の角背の本です。1頁に18ポイント程の大きさの文字で俳句が2作づつ組まれています。組版の作りは、余白を大きく広げ、ゆったりとした贅沢なものです。クリーム色の温かな本文の紙面にくっきりと浮かんだ文字を眺めていると作品に対する作者の愛おしい思いが深く伝わってきます。発行は令和元年12月12日、発行所は株式会社朔出版と奥書に書かれています。  この句集には、平成21年から令和元年に詠まれた229句が納められています。小熊が選ばせていただいた作品は次のとおりです。 鍵もたぬ島のくらしや揚雲雀 下駄放る天気占い夕ざくら 改札を突き抜け来たり夏燕 噛み合わぬ二人となりて心太 薫風や睡気をさそう象の耳 少年にカレー大盛り祭笛 寒晴や元気元気と物忘れ 百本のコスモスにある百の鬱 一気とは恐ろしきこと散る銀杏 児を抱きて月の重さと思いけり 初春やまだ役に立つわが手足 死ぬ気などいささかもなし春キャベツ 大根を引けば傾く不忘山 眠そうな春の川面の浅葱色 手も足もはずしたき日の大夕焼  俳句には疎いのですが、句集を短い期間に二度も読み返したのは初めてでした。  最初に読んだときの私の気分と二度目に読んだときの私の気分ではちょっとした違いがありました。なので、自ずと選ばせて…

続きを読む

駒村吉重『おぎにり』

 ある一つ世界が完結している印象を持つ詩集です。そんな感想を持つ詩集に出会うことは、私にとってそんなに多いことではありません。「ある一つの世界が完結している」ということは、その「世界が完結しない世界」ということでもあります。  駒村吉重氏の詩集『おぎにり』(2018年5月2日発行、発行所:未知谷)の感想を書くと、この数行で十分ではないかと思ってしまいます。ですから、これから先へと書き進める文章は余談ということで目を通してください。  収められている53篇の作品から、どうしてそのような感想を私が持ったのか。短い詩「はりがね」の全文を引用させていただきます。    はりがね一本ありました    まっすぐではない    うねっている    うごかない    しゃべらない    つかいみちがない    これでいい    こうでなくちゃいけない    いっさいははりがねの意志    はりがね一本そこにいます                詩「はりがね」全文  なにげない、ついこれといった印象も持たずに読んでしまいそうな作品です。それだけに、この作品がどうして詩なのだろうかと不思議な気持ちになります。同時になにか落ち着き処のない、居心地の悪さを感じます。それは、私だけな感想なのかもしれませんが、なにか落ち着かない不思議さがこの詩集全体にはあります。それは、誰かに騙されているわけではないのですが、自分を欺いている自分がいるという、疑いだした…

続きを読む

詩誌『ササヤンカの村』第28号

 佐々木洋一氏が発行するB4判1枚を二つ折りにして中にB5判の紙1枚挟み、二段で詩を載せている全部で6ページの詩誌です。今号は、発行年月日が2018年2月と印刷されているのに、何故か、かなりのフライングで2017年の年末に届きました(私が書いている時点ではちょうど2018年2月です。)。私にとっては、前号でちょっと力を入れすぎたて読んでしまって硬い感想を書いていたので、後味が悪かったのでしたが、今回の詩誌は楽しく読めました。同じ年の内に、窮屈になった心を解き放つ爽やかな風が高地から届き、救いのような期待感を持つことができて嬉しくなりました。  ここに収められている6つの詩編は、どれも力みが感じられません。それは、読んでいる私の中で起こっているのか、それとも作者である佐々木洋一氏の中で起こっているのか、定かではありません。しかし、すっと心の中に詩の言葉が入ってきます。その瞬間に、私の中で浮遊している感覚が生じます。一瞬のことですが、その瞬間を作者と共有できてるということが、私の勝手な思い込みにせよとても嬉しくなりました。それが、前述の「救い」という言葉に繋がります。    詩誌『ササヤンカの村』では、必ず最初に短い詞書きが付きます。今回は「身の回りの生き物たちへ(人類であることのはずかしさ)」という表題を持つ、全部で200字程度の文章です。のっけから強烈な言葉で始まります。    「自然保護などというのは、人類のための自然保護であって、自然にとって     はありがた迷惑な…

続きを読む