阿部宏慈詩集『柄沼、その他の詩』

tsukanuma.jpg

 水にもまざまな水があり、さまざまな匂いがあり、さまざまな色がある。さらにいえば、海があり、川があり、沼があり、池がある。雨もあり、嵐もあり、雪解けの輝きもある。春の温かな水もあれば、夏の涼しい水もあり、秋を通り越して固まる水もある。そして生まれ故郷の北白川、高田川、田んぼ畔を流れる用水路の水がある。さらに壊れた雨傘のことが未だに忘れられない。

 こんなことを書こうとしているわけではないのに、この詩集を読んでいて、ミズのことをずっと書き続けたい気持ちになりました。そんなさまざまなことで水に取り巻かれて生活してきた「わたし」にまつわる出来事や記憶を、忘れ去ったことも含め、本当にあったこととしてこの詩集は蘇させてくれます。まるで切り裂かれた傷の痛みを言葉の力で癒すようにです。さらに、そのことを書き示す言葉が自分にもあるということを教えてくれる優しい言葉たちです。

 心地良いかと問われれば、そうには違いないのですが、書けば書くほど次々と溢れ出てくる言葉は、果たして確かな記憶なのかそれとも作り話なのか分からなくなります。そこには自分の見栄や嘘や妬みや欲望も姿を現してくるものですから、悔恨や辛い記憶といった痛みも伴います。

  阿部宏慈詩集『柄沼、その他の詩』(発行日:2020年3月5日、発行所:書肆山田)を読んでいて、上記のような漠然とした感想を持ちました。言葉には何十、何百、何千、何万、何億、いやそれ以上の意味や表記がありますが、声に出して(心の声でも構わない)読み続けることで一つの物語として語り継がれると、話者は作者であったはずなのにいつの間にか自分になっているのです。漠とした感想しか書けないのですが、人の感情を心の奥底に一旦深く沈めて、それでもなお浮かび上がってくる記憶の断片を一つずつ丁寧に描写している詩集であると思います。

 例えば、


   6

   立ち止まる、と考えたことは
   間違いではなかった。
   それにしても


   枯れ葦の道で、ふくらむ胸
   のような倒木を跨ぎ越したときに
   きみの目の奥を切った
   影は──


   午睡の窓


   待っている椅子


   床の上
   首の高さほどのところに
   白い沼が広がり始めている

    ※

   同じことを きみは
   雨の降る広場のバス停で
   考えていた


     重さのない
   石に似て、切れ目なく
   降りつづく
   雨


   きみの見ていたのは
   石
   ではなかったけれど

                詩「柄沼」6節全文


 ここで語りたいことは、<きみが考えていたこと>ではありません。それは、ここで語られる言葉から触発される“なにものか”なのだと思います。その“なにものか”は、その存在を感じたときにはすでにこの詩集を読んでいる読者自身のものに置き換わっているのです。強いて言えば詩「柄沼」を読むことで、柄沼に関わる作者の記憶や想いが、読み手である自分の物語に置き換わって違う物語が始まっているのです。それは、アラジンのランプのように、この詩集を読んでいる束の間の時間だけかもしれませんし、その後もずっと引きずるものかもしれません。


   13

   四月
   カワラヒワの群れが戻ってくる


   きみは谷地橋の中洲で
   何百というオナガガモのの群を見た


   あるいは古最上の河川敷で
   藪の中にしゃがみ込んだまま
   シジュウカラの声を聞いている


   そうして夢の中の鳥の声に身をゆだねながら
   考えている


   余白について

               詩「夢の設営」13節全文


 この詩に感じる心地良さは、詩集全体にも言えるのですが、言葉が自由であるということではないかと思います。言葉が自由であるとは、自分勝手にどんな解釈をしても物語が成立するということです。書かれている詩の言葉自体が、脈絡を持っているようで持ってはいません。それでいて、なんら違和感を持つことはありません。つまり、誰でも自由に自分の想いを描くことができる、羽ばたくことができる自由な空間を広げてくれているのではないかと思います。

 この詩集の最後に掲載されている作品「lamentoのための素描」は、作者のあとがきに「見ての通りの「嘆きの歌」である。」と書かれており、2011年3月に発生した東日本大震災の犠牲者へ向けられています。作者は、「「哀歌」として昇華するには至らず、いくら言葉を連ねても素描のままに止まざるを得ないゆえに、「素描」とした。」と書かれていますが、素描画として自由に読み進めることができるところが、この詩集全体を覆う心地良さの理由ではないかと思います。

 詩「lamentoのための素描」の中から引用させていただきます。


   ユリアゲ
   広浦川水門
   ハゼが引いている
   (ああ、もうどうでも良い
   何なら仕事なんて辞めても良い)
   きりきり痛む胃を折り曲げ
   ハゼの引きを待つともなく
   もう良い、もう良いんだ
   広浦川
   とろとろときらめく水の
   眠気を誘う 揺れ
   「釣れだっすか?」
   防波堤沿いの道路から
   土地の人が声をかける
   ユリアゲ
   ユリアゲスイモン
   秋
   十月
   土地の人、
   閖上の、自転車を止めた人
   その顔を、思い出せるようで
   思い出せない

               詩「lamentoのための素描」1節8段落 

 
 「とろとろときらめく水」という印象的な形容詞を持つ詩文です。この詩集全体に言えるような気がしますが、比喩や形容詞の使い方がとても丁寧でさりげないです。現代詩に特有な言葉自体が持つ難解さを持っていません。故に、自由に、心地良く、読み進めることができるのだと思います。やはりこの詩は哀歌なのだろうなと思います。「ユリアゲ」、「ユリアゲスイモン」・・・思わず叫びたくなります。

 昔、私が子供を連れて釣りに出掛けた閖上での出来事の記憶がそうさせるのでしょうか。「仕事なんて辞めても良い」程に辛い出来事を、などと書いてしまうと素っ気無いのですが、詩となって詠われると、それは自分に起きた出来事として蘇るのです。

 最後に、この詩集は、阿部宏慈氏の第1詩集のようです。既に、幾つかの詩集を出されていると思っていたので意外です。詩集の帯の背の部分に書かれている数字が「第7詩集」とも読めそうな変体な書体なので、もしかして第7詩集なのかもしれないと今でも疑っています。阿部氏は、詩誌『回生』が主催して行ってきた無意味な意味の尾形亀之助読書会にゲストとして御参加いただき、「晴れ、ときどき、尾形亀之助 〜今、詩的なもののありかをめぐって〜」と題して講話をしていただきました。詩集のあとがきにも書かれているように、表題詩「柄沼」構想は30年近く前まで遡るとのことです。確か、詩は大部若い頃から書かれているとのことだったような気がします。詩誌『回生』の依頼に対して、快く詩のお話をしていただくことを引き受けていただいたことから考えれば、阿部氏の中にはずっと詩的なものが消えずにあったのではないかと思います。遠回りしたのでしょうが、とても魅力的な詩、詩集が届きました。





 

この記事へのコメント