瀬崎祐個人誌『風都市』第37号(2020年冬刊)

kazetoshi37.jpg


 瀬崎祐氏の個人誌『風都市』第37号のことを書く前にちょっと前提を書かせていただきます。ここ数日、私は長尾高弘氏の詩集『抒情詩試論?』の感想を書くために、長尾氏の詩集『抒情詩詩論?』を鞄に入れて少しずつ読んでいます。また、それと関連して長尾氏がかつて「詩の源流」と題して尾形亀之助読書会で講演をしていただものを纏めた記録を再読しています。『叙情詩詩論?』については、近いうちに感想をこの情報短信に掲載したいと思っていますが、まず最初にここで書きたかったことは、今回送られてきた個人誌『風都市』第37号の中の瀬崎氏の作品「城壁を越えるときに、鳥は」を読んでいて、長尾氏がずっと書かれている詩についての思考のことが頭を過ぎったということです。

 長尾氏は、抒情詩を書かないようにと思い詩を書いていて、結局、後で読んでみると抒情詩を書いてしまっていることに、詩集『抒情詩詩論?』で自虐的に論じています。感情や思考はあくまで個人に生じるものですが、それがなんの弾みか(詩はほとんどの場合に発表を前提として書かれている。)、他の人の共感を得ると、個人のものではなくなり、やがてみんなのものとなり、気がつけば絶対的なものとなる場合があります。感情や思考がまだその人のもの、あるいはその人のごく少数の知り合いの人との間の共有したものであるときには、違う感情や思考に変わったり、日々起きる出来事に影響され違う感情や思考となったり、自分自身でそのことを否定したり、他人の影響を受け変わったりすることは簡単に起きることです。絶対的な感情や思考はないということだと思います。しかし、個人の感情や思考が知らない他人から共感を受け、次々と広がっていったら、極端な話、個人では制御できなくなります。その結果、感情や思考が集団化し、違う感情や思考を持った集団にが否定されたり、気がついたら集団の先頭で旗を払っていたりするなど色々なことが起きます。

 前置きが長くなりましたが、瀬崎氏の詩「城壁を越えるときに、鳥は」を読んでいて、抒情詩を書かないためにはどうすればよいかということを瀬崎氏が詩として書いているのではないかと咄嗟に思ったのでした。

   わたしは話しかける言葉を探る あの言葉はどこに行ってしまった
   のかと 焦りがあらわれる この気持ちをあらわす言葉がたしかに
   存在したはずだったのに どこにも見当たらない ただその感触だ
   けが頼りなげに指先に触れる

               詩「城壁を越えるときに、鳥は」第1連の最初の段落


 この詩の冒頭の4行の中で語られる「この気持ちを表す言葉」とは、まさに感情を用いて、あるいは感情を使って表現を行う抒情詩と言ってもよいのではないだろうかと思います。それが表現できない状況があるということが語られています。そして「この街では使うことができる言葉はが主語と動詞だけになってから長い年月がたつ 形容詞も副詞も使うことは禁じられている」(第1連の第2段落の1行目と2行目)と書かれています。次にまた作品を引用させていただきます。

   ときおり自分の感情を伝えたいと思う しかしそれは動詞だけでは
   困難なことだった 小さな声であなたに心配していることを告げた
   ことがあった あなたは聞いてはいけない言葉に身体を震わせはじ
   めたのだった あなたには形容詞は恐怖以外の何ものも伝えないの
   だと わたしはあらためて思い知らされたのだった

               詩「城壁を越えるときに、鳥は」第2連最初の段落


 この作品で瀬崎氏は大げさなことを語ろうとはしていません。ましてや、人間の感情を否定しようとしてはいません。むしろ、人間の感情は、時には人を傷つけることがあるけれど、繊細であり、人間の優しさを感じさせるとても豊かなものであること、囁くように静かに、そして力強く語っていると思います。ましてや抒情詩のことにを念頭に置いて書いているとも思えません。ですから瀬崎氏が、抒情詩を書かないためにはどうすればよいかということを暗示させるように意図的に書いている作品でもないと思います。でも、私は抒情詩の持つ功罪について、この詩を読んで感じてしまうことも確かです。

 私は、感情や思考を抜きにして生きることも、詩を書くこともできません。そして、上手に感情や思考を制御することもできません。そういう中で、個人の思いを表出する詩という表現を時々行っています。個人の思い込みがが個人を突き抜けて絶対的なもの、聖なるもの、根源的なもの、普遍的なものになることはあり得るのかもしれませんが、それを語る言葉は個人の感情や思考を抜きにして存在しないと思います。仮にあったとしたら、疑ってみた方がよいと思います。勝手な解釈ですが、詩の表現、抒情詩について深く考えさせるきっかけを与えてくれる作品です。






 

この記事へのコメント