永野シン句集『桜蕊』

sakurashibe.jpg

 俳句結社小熊座同人の永野シンさんの第二句集です。句集の表題「桜蕊」を鮮かに印象づけるとても美しいピンク色の表紙に包まれたA5判の角背の本です。1頁に18ポイント程の大きさの文字で俳句が2作づつ組まれています。組版の作りは、余白を大きく広げ、ゆったりとした贅沢なものです。クリーム色の温かな本文の紙面にくっきりと浮かんだ文字を眺めていると作品に対する作者の愛おしい思いが深く伝わってくる句集です。発行は令和元年12月12日、発行所は株式会社朔出版と奥書に書かれています。

 この句集には、平成21年から令和元年に詠まれた229句が納められています。小熊が選ばせていただいた作品は次のとおりです。


鍵もたぬ島のくらしや揚雲雀

下駄放る天気占い夕ざくら

改札を突き抜け来たり夏燕

噛み合わぬ二人となりて心太

薫風や睡気をさそう象の耳

少年にカレー大盛り祭笛

寒晴や元気元気と物忘れ

百本のコスモスにある百の鬱

一気とは恐ろしきこと散る銀杏

児を抱きて月の重さと思いけり

初春やまだ役に立つわが手足

死ぬ気などいささかもなし春キャベツ

大根を引けば傾く不忘山

眠そうな春の川面の浅葱色

手も足もはずしたき日の大夕焼


 俳句には疎いのですが、句集を短い期間に二度も読み返したのは初めてでした。

 最初に読んだときの私の気分と二度目に読んだときの私の気分ではちょっとした違いがありました。なので、自ずと選ばせていただいた作品には二つの違った傾向が表れていると思っています。俳句には素人の者がこのような言い切った文を書くことは僭越ではあるのですが、一つはあっけらかんとした少女のような明るさです。もう一つは、生きている人間を傷つけずに解体した自然感です。前者にはユーモアがあり、後者には死に対する居直りがあります。

 一つ一つの作品のことを書く力量はないので、これから先は自分自身の個人的な思い出を書かせていただきます。

 永野シンさんとは、2年ほど前まで年に2回ほど開催していた小さな句会でお世話になりました。全部で10回ぐらい行われたでしょうか。そこで詠まれた永野シンさんの句には、毎回、驚ろかされることがありました。その驚きとは一体なんだったのか、この句集を送っていただいて改めて考えてみました。

 これまた失礼を承知で書かせていただければ、ご本人にお会いした印象と句会の席で目にした作品の印象の距離感が、驚くほど大きくあったということでしょうか。とても楽しく愉快な驚きでした。一言で言えば「新鮮」なのです。若々しいと言ってもいいのです。何度かお会いさせていただき気付いたのですが、それは俳句が若々しいのではなく、作者である永野シンが若々しいということなのだと思いました。

 あっけらかんとした自由さがあるというか、大げさに言えば生きることの勇気を頂いた気持ちになりました。それ故に、何度読んでも、これからも生きてゆこうとする自分自身に気づかされる読み応えのある句集です。





 

この記事へのコメント