詩誌『ササヤンカの村』第28号

sasayannkamumura_28.jpg

 佐々木洋一氏が発行するB4判1枚を二つ折りにして中にB5判の紙1枚挟み、二段で詩を載せている全部で6ページの詩誌です。今号は、発行年月日が2018年2月と印刷されているのに、何故か、かなりのフライングで2017年の年末に届きました(私が書いている時点ではちょうど2018年2月です。)。私にとっては、前号でちょっと力を入れすぎたて読んでしまって硬い感想を書いていたので、後味が悪かったのでしたが、今回の詩誌は楽しく読めました。同じ年の内に、窮屈になった心を解き放つ爽やかな風が高地から届き、救いのような期待感を持つことができて嬉しくなりました。

 ここに収められている6つの詩編は、どれも力みが感じられません。それは、読んでいる私の中で起こっているのか、それとも作者である佐々木洋一氏の中で起こっているのか、定かではありません。しかし、すっと心の中に詩の言葉が入ってきます。その瞬間に、私の中で浮遊している感覚が生じます。一瞬のことですが、その瞬間を作者と共有できてるということが、私の勝手な思い込みにせよとても嬉しくなりました。それが、前述の「救い」という言葉に繋がります。
 
 詩誌『ササヤンカの村』では、必ず最初に短い詞書きが付きます。今回は「身の回りの生き物たちへ(人類であることのはずかしさ)」という表題を持つ、全部で200字程度の文章です。のっけから強烈な言葉で始まります。

   「自然保護などというのは、人類のための自然保護であって、自然にとって
    はありがた迷惑な事かも知れない。人類がいなくなれば、自然は自然の姿
    を取り戻していく。ただそれだけだ。」(詞書きの前段)

 この詞書きそのままに、6篇の詩が綴られています。そこに書かれてある言葉は自己完結しています。他人を寄せ付けない強さを持っています。故に、他人を惹きつけます。詞書きは、頭で、「思考」を書いているのですが、詩は頭では書いていない印象を持ちます。簡単に言うと、歴史の中で書かされています。ここで言う「歴史」とは、人間が紙に綴って造ったきた「歴史」ではなく、人の頭を飛び越えた出来事であり、否応なしに体に刻まれた物語です。

 詩「内輪なくらし」の全文を掲載します。

 眠りかけた草を起こし
 わたしを触れる
 みみずを起こし
 湿り気を触れる
 沈みかけた石を起こし
 割れ目を触れる
 そんな内輪なくらしが続いている

              詩「内輪なくらし」全文
 
 この詞書きの中の一部として余白のように綴られた詩の中では、「わたし」は、草やみみずや石と並列に語られます。「わたし」はただ単なる対象でしかありません。通常、「わたし」という言葉は、対象とはならない自分を表現するための特別な言葉です。逆に言うと、草や石やみみずが自分となって、「わたし」と語っているような不思議な言葉となっています。つまり、「わたし」と言ったときに、「あなた」との違いが普通は生じるのですが、その違いの境界線がないのです。さらに「わたし」と書いたときに、そこには特別な「わたし」が存在するのが普通なのですが、ここには特別な「わたし」はいません。

 佐々木洋一が描き続けているササヤンカ村とは、そういう境界のない世界ではないかと考えます。

 スッチョン鳥 トントン鳥 ソシラヌ鳥
 オドケ鳥 ツンツン鳥 ノホホン鳥 シノビ鳥

 人のことが厭きるようになってから
 鳥のことが気になりだした
 鳥のことが気になりだしたと言っても
 図鑑をたどりながら鳥の名前をあれこれ詮索する興味とは違う

     (中略)

 僕は鳥のことが気になって
 人と鳥の狭間で口笛を鳴らす
 時々応えてくれる鳥がいて
 僕はそれを鳥人と呼んでいる

 鳥人族のホットケ鳥は
 ホットケホットケと応えてくれ
 なぜか一番ホットケなくて
 僕はしつこくこの現世(よ)の口笛を鳴らし続けている

               詩「鳥人」始まりの2段落と終わりのの2段落

 人間が鳥になっています。いや、鳥が人間になっているのです。人間の言葉で鳥のことを語り、鳥の言葉で人間のことを語っています。そこに理屈はありません。また、説明も必要ないのです。修辞でもありません。読むと、何故か気持ちがすっきりとするのです。それはどうしてでしょうか。

 多分、言葉が理屈を超えているからではないでしょうか。あれこれと物事を考え、理屈を捏ねて、自分や物事を書き表すことに「厭きた」自分がいるからではないでしょうか。そういう理屈を、きれいさっぱりとこの詩は「ただの屁理屈だ」と言って否定しています。それは、詞書きに書かれていることそのままなのではないでしょうか。



 

この記事へのコメント