詩誌『ササヤンカの村』第27号

sasayannkamura_27.jpg

 今年(2017年)の夏前に気仙沼に行き、詩誌『霧笛』の千田基嗣氏が主催する「哲学カフェ」に参加させていただいた。この頃、ネットなどで度々目にする「哲学カフェ」なるものが、どんなことをするものなのか興味があった。

 千田氏が、自分の詩集『湾Ⅲ』から幾篇かの詩を奥様と朗読し、それをきっかけにして皆が、ある程度のルールの下、自由に話し始めた。千田氏の詩集『湾Ⅲ』は、東日本大震災が起きた直後の気仙沼の街の風景を描いたものなので、語られる内容は震災のことに集中した。十人ほどの参加者のほとんどは気仙沼の方だったので、ある人が被災した直後の体験談を語れば、違う人がその話を引き継いで、自分の体験を話すという流れで、時間が過ぎていった。

 その中でこんなことを話した人がいた。「さほど被害のなかった内陸の人が、自分は震災でさほどの被災はしていないから、震災の話をするのが憚れるという人がいた。」という内容だった。その話がどういう経緯で、この場で語られ、次の人にどのように引き継がれていったのか、私は覚えていないけれど、私自分も「震災のことを話すことが憚れる」思いであり、まったく同じだと発言した。

 私は、東日本大震災に関連した詩を版画家竹林嘉子女史との詩画作品の共同制作で幾篇か書いている。それは、竹林女史の版画に寄り添った言葉で、震災に自分が向き合ったものではない。その他に自分の体験を書いたものは一編だけあるが、それとて主題は自分自身のことであり、震災のことを真正面から取り上げたものではなかった。とにかく、内陸部に住んでいる自分には、震災のことを語る資格はないとい思っている。それは、今でも、である。

 前書きが長くなったが、詩人佐々木洋一の詩誌『ササヤンカの村」第27号のあいさつ文「少し詩ってみた」を読んでいて、気仙沼のそのことを思い出した。

 佐々木洋一氏は、あいさつ文で、「東日本大震災から6年が過ぎた。ここにきて、その痛みがどこからかムクリと顔をもたげる時がある。やっと、詩(作品)に描いても許されるような気がする。」と書いている。いったい誰が、誰を許すのだろうか。普通に考えれば、佐々木洋一自身が佐々木洋一自身に蓋をしていた箍を外してもいいだろうと語っていると理解できる。確か、佐々木洋一は震災の詩を自分は書かないとう意味にも取れることをとどこかに書いていたと記憶する。佐々木洋一氏は、被害の大きかった沿岸部に住んでいた時期があったので、知人友人が多く居ただろうし、他人事ではなかったはずである。しかし、身体の中に生じてくる思いを詩の言葉にすることを許してこなかった。言葉にできなかったということではなく、敢えて許さなかったのだ。

 ここにきてどうして許す気持ちになったのか、それが気になった。色んな言葉が浮かんでは消え、心の奥底に消えずに残っている言葉はきっとあるだろうけど、<詩に描く>ことは許してはこなかったということである。<詩に書く>とは書かず、<詩に描く>と書いている。<書く>と<描く>とでは何が違うのだろうか。

 ここで私が一人で勝手に解釈をああだこうだと巡らしても、これ以上はもう無駄なことであるので、この第27号に書かれている詩を読んでゆこう。

 汚点のようなてんとう虫が
 一瞬翅を十字架のように広げ
 飛び出す
 天と地の落差

          詩『落差』全篇

 深読みすると、「汚点のように」「十字架のような」という単語は、象徴的に感じる。つまり、何かを象徴(描写)しているような表現に感じられる。具体的に言葉を使って何を描こうとしているのか、そのことはあまり重要ではない。大事な点は、描こうとしている主体の意思が、そこに感じられるということである。前に書いたあいさつ文を読むと、どうも気になるが、これ以上詮索しても、面白くなくなるばかりなので、この詩のことでいえば、佐々木洋一氏の中で<詩に描く>ことを許している何かがあるということで留めておきたい。ただ、それを作為的に感じてしまうのは果たして私だけだろうか。

 この詩の前書きに、「少し詩ってみた。」と書かれている。この<詩って>は<詩に描く>と同じ行為のことなのだろうなと思う。佐々木洋一氏の詩は、音を楽しんでいる節がある。初期詩編を読むと、それは如実に体験できると思う。今現在でも言葉はリズミカルであり、節回しがある。でも、どこか頭で考えている気配もする。

 この詩『落差』の後、第27号では『はさみうち』、『ふるさと』、『ねんぶらん』、『だれ』、『祈る』と5篇の詩が掲載されている。それぞれの作品を読んで、私の中に生じる思いを言葉にすることは、もうこれ以上根気が続けないので終わる。そして、冒頭に書いたことでもう十分だという思いがしてきので止めにするが、ササヤンカ村にも何か余所から風が吹いてきているのかもしれない。風が吹くためには、違いが必要である。暖かな場所と寒い場所、高い場所と低い場所、さまざまな場所に、さまざまな落差があるということなのだろう。それは、許すとか、許さないという主観的な言葉が一切通用しないことなのだろうと思う。<書く>という主体的な行為ではないのだろう。であるから客体もないのであるが、時間の経過で変わるものでもない気がする。


 

この記事へのコメント