瀬尾雅弘『フレンチポップス・シックスティーンズ イェ・イェと称されるムーブメントをめぐって』

seomasahiro.jpg

 ここ1年ほど、他人が書いた詩に対する自分の感想を書くこと、詩による表現を読み解くこと又は感じたことを言葉にすることに興味を失っているのですが(こういうことを書いている時点で、また書けるのではないかと考えている自分がいます。)、詩に限らずに、自分の感じたことを、ある程度のまとまりのある文章を書き留めておきたいという意欲は失っていませんでした。

 そこで、最近、少し考えさせられる音楽に関する本に出逢ったので、感じたことを書きたいと思います。

 一つは『ザ・ビートルズ史(上下)』(マーク・ルイソン著、山川真理・吉野由樹・松田よう子訳、2016年11月20日河出書房新社刊)です。もう一つは『フレンチポップス・シックスティーンズ イェ・イェと称されるムーブメントをめぐって』(瀬尾雅弘著、2017年2月20日彩流社刊)です。

 『ザ・ビートルズ史(上下)』については、かなり話題になっていた本なので、読まれた方も多いかと思います。私は、これまでビートルズに特別に興味を持つことはありませんでした。解散前のビートルズについては、その存在をテレビのコマーシャルに映る映像とともに、僅かに時代を共有していますが、当時小学入学前だった自分にとって、微かに記憶している程度です。その後も、音楽への興味は人並みに持ちましたが、ビートルズの音楽は、他のミュージシャン、例えばシルビー・バルタンとかミッシェル・プルナレフなどの、自分にとってみれば時の流れと共に色褪せてゆく流行の一つに過ぎませんでした。ただし、一度聴いたら(何度も聞かせられたこともあるかもしれませんが)、忘れられないメロディーや音の響きをといった、他のミュージシャンには感じることができないものが、そこにはある、それも数多くの楽曲と共に、とはなんとなしに思っていたのです。しかし、それが何なのかレコードを買ってまでして掘り下げること(楽しむこと)はありませんでした。そして、この本を読んだきっかけも、この異常に分厚い本にいったい何が書かれているのか、そんなに書くことがあるのか、ビートルズと言うよりも、歴史的な評価は高くても、たかだか音楽の一つのユニットのことにこれだけの文字量を費やして何が書かれているのか興味をもったということでした。

 とても刺激的で面白かった本です。書評や感想として、長い文章なので相当にマニアックなビートルズファンでなければ読み通せないと書かれているものを目にしますが、けっしてそんなことはなく、ビートルズに興味がさほどない人でも面白く読み通せる本だと思います。

 では、なにが面白かったかというと、第二次世界大戦が終わり、世の中に活気が戻りつつあった時代に、まだ身分階級に縛られた習慣や生き方が根強く残っている中、また徴兵制という自由を権力の力で縛ることが当然と思われていた中、しかし世の中は、戦勝国アメリカの、かつては破廉恥と軽蔑されるような、エルビス・プレスリーに代表される激しい音楽がラジオから流れ始める。それに反応して、遠くイギリスの10代の中・後半の年齢の若者達が、これまでの慣習に反抗的で破壊的な行為・表現に魅せられて、自分も行動しようとして破壊と創造の試行錯誤の生き方をとる。その姿や過程を手に取るように見ることができたことが面白かったということでした。

 瀬尾雅弘氏の著作『フレンチポップス・シックスティーンズ イェ・イェと称されるムーブメントをめぐって』は、イギリスにおけるアメリカのリズム&ブルースから派生した新しい音楽の受容が、フランスではどうであったか、そしてその音楽の詳細なデータをまとめためたものです。

 この本の後書きで、瀬尾氏は「本書は、モノを言う権利がなかった若たち」が音楽表現でモノ申すようになっていく60年代の音楽動向に焦点を当てたものであるが、社会参加の年齢となって問題意識も抱く若者らの思いを反映させた楽曲が共感を得て大衆化していく当時のフランスの音楽に耳を傾けると、政治的・社会的な信条のスローガンめいた言説のみでは捉えきれない生身の人の心情のありようがまざまざと伝わってくる。」と書いています。

 「生身の人の心情のありよう」という言葉は、本書を読むと、かなり解りづらいものと感じるのですが、さらにそれが<イェイェという現象>と書かれると、なんとはなくフランスのオシャレっぽいイメージが頭から離れないのですが、瀬尾氏は一貫して前著『polnareport―ミッシェル・ポルナレフ挑戦と変遷のレポート』(2010年8月愛育社刊)で書いているように、フレンチポップスはいわゆるフランスのおすまししたファッションではなく、生身の人間の肉声が聞こえてくる、言い換えればごくありふれた巷の人間の生き様が自分の自分に対する反証のように響く音楽であると主張しています。

 それは、この本の表紙裏に、「日本の各媒体でも「イェイェ」の語は目にすれど、その内実がハッキリと捉えられないまま、語感から何か<浮かれた楽曲>がフランスで流行った時期を指し示す程度の語として・・・・(後)略」と書かれていることからも著者の意図がわかります。

 イギリスでは、ビートルズがデビューする直前に徴兵制が終わります。若者達が大人達、社会にモノ言うことが、アルジェリアの独立闘争のまっただ中にあり、徴兵制が依然として存在していたフランスよりも早かったと思います。また、言語が同じだったことから、アメリカの音楽の受容はより直接的だったと思います。その違いは、<浮かれた楽曲>と捉えられるように、かなり大きいのではないかと思います。

 私は、1960年代の若者の音楽を社会現象として捉えた場合に、とても面白く示唆に富んだ2冊(『ザ・ビートルズ史(上下)』は2冊で一つですが)の本ではないかと思います。

 最後に、これも本からの引用になりますが、『ザ・ビートルズ史』の下巻に、ジョン・レノンとポール・マッカートニーが1961年10月にパリを訪れたときの記述があります。

 「1956年、アメリカでロックンロール・ブームが巻き起こったが、ここフランスでもほとんど影響を受けていない。しょせん外国の言葉で歌われた外国の歌だったのっだ。ところが、1961年春になるとフランス人の歌うロックが爆発的な人気を博し、パリの街なかでも劇場でも聴かれるようになった、しかし、アメリカやイギリスと同じように、フランスでもブームの到来にともなって少年非行が増えるという汚点が付いてしまった。ジョンはブートルに住むビートルズファンに宛てた葉書の中で、次のように書いている。「パリは素晴らしいよ。ただ、ロックがないのが寂しいね(フレンチ・ロックなんていう安っぽい音楽ならあるけれどさ)」。

 「安っぽい音楽」とは、片方から見た視点であって、全く否定するものではない。このときジョン・レノンは、ジョニー・アリディやヴィンス・テイラーも音楽も見て聴いている。むしろ、否定することからもっと先に進んで、イギリスとフランスの若者の音楽を通じた表現の対比に興味を進めてゆくと、さらに面白いことになるような気がします。


 
フレンチポップス・シックスティーズ;イェ・イェと称されるムーヴメントをめぐって (フィギュール彩) -
フレンチポップス・シックスティーズ;イェ・イェと称されるムーヴメントをめぐって (フィギュール彩) - polnareport―ミッシェル・ポルナレフ挑戦と変遷のレポート -
polnareport―ミッシェル・ポルナレフ挑戦と変遷のレポート -

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック